年: 2022年

本協議会の第7回会議を開催しました。

令和4年7月7日に山口県庁(山口市)で錦帯橋世界文化遺産登録推進協議会の第7回会議を開催し、昨年度の事業報告及び決算報告と本年度の事業計画案及び予算案が承認されました。

特に今年度の取組としては、国において世界遺産の登録候補が記載される暫定一覧表の見直しが検討されている中、錦帯橋の世界文化遺産登録に向けての課題の一つである国際的な合意形成を図っていきます。
具体的には、来年度に海外専門家を招聘しての現地視察を含めた意見交換会等を検討しており、今年度はその開催に向けて、まずはオンラインで錦帯橋の顕著な普遍的価値(OUV)及び真実性等の説明を行い、海外専門家からの意見を求めることを計画しております。

令和4年3月21日 第23回錦帯橋世界文化遺産専門委員会が開催されました。

 3月21日(月・祝)岩国市役所で第23回錦帯橋世界文化遺産専門委員会がハイブリッド形式で開催されました。

 委員会では、「名勝錦帯橋保存活用計画」の文化庁長官認定、「錦川下流域における錦帯橋と岩国城下町の文化的景観」の重要文化的景観への選定及び錦帯橋世界遺産登録推薦書案作成部会(以下、部会)の取組状況について事務局から報告され、部会での検討内容(OUVと評価基準の要約文章、OUVを伝える属性(Attribute))について協議が行われました。

令和3年12月19日 錦帯橋世界遺産セミナー2021を開催しました。

12月19日(日)10時から岩国国際観光ホテルにて「錦帯橋世界遺産セミナー2021 錦帯橋におけるオーセンティシティ(真実性)」を開催し、110名の方にご来場いただきました。

セミナーでは、架け替えによって継承されてきた錦帯橋におけるオーセンティシティ(真実性)の考え方について、理解を深めていただくため、錦帯橋の世界遺産登録に向けてご尽力いただいている2名の先生による講演を行いました。

【講演1】『世界における木造建築遺産の保存・継承方法とオーセンティシティ(真実性)』
      講師:マルティネス アレハンドロ 氏(京都工芸繊維大学助教)

【講演2】『錦帯橋におけるオーセンティシティ(真実性)』
      講師:清水 重敦 氏(京都工芸繊維大学教授)

各講演の模様は本HPのギャラリー内の動画ページ(下記URL)で視聴できますので、ぜひご覧ください。
ギャラリー(動画)→ http://kintaikyo-bridge.jp/galley/movies/

今後も本協議会では、錦帯橋の価値や魅力についてのさまざまな活動や情報発信に取り組んでまいりますので、ご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。